赤ちゃんに大切な寝姿勢 Cカーブ

Howto 12月 28, 2018 No Comments

こんにちは doona Japanのayanoです。

よく販売店のスタッフさんに、これってフルフラットにはならないんですか?と聞かれます。

日本人はどうしてもフラットなところで赤ちゃんを寝かせてあげないと、という意識が強いのですが、ヨーロッパではどちらかというと、

お母さんの子宮の中にいた姿勢を保ってあげることを意識しています。

少し前に、日本チャイルドボディケア協会の海老原絵里さんが、Cカーブクッションなるものをプロデュースして商品化していましたが、この子宮の中にいた時と同じ「Cカーブ」姿勢を保ってあげると、赤ちゃんはとても安心するのです。

よく、ドゥーナユーザーの方に、

「ドゥーナに乗せるとすぐに泣きやんで寝てくれる」

という声をたくさんききます。

ほかにも、チャイルドシートに乗せると、すぐに寝てくれるから、夜寝てくれないときは夫と夜中のドライブにひたすら出かけた、なんて話聞きませんか?

どうしてチャイルドシートだと寝てくれるのでしょうか?

似たようなもので、スワドル(おくるみ)があります。

手足の自由を制限してしまうけど、ギュって包まれることで、お母さんのおなかの中にいたときと同じような環境を再現し、赤ちゃんを安心させる文化です。

赤ちゃんはおかあさんの子宮の中で、背中をきゅっと曲げて 10カ月の歳月過ごしてきました。

いきなり、なんの囲いも支えもない状況では安心感を感じられません。

赤ちゃんの身体能力の成長とともに、背骨のCカーブは、大人と同じ二足歩行ができるころに、S字カーブに変形していきます。

ドゥーナは生まれたてから、しっかり二足歩行するまでの赤ちゃんのためのモビリティなので、CカーブからS字カーブに移行する時期に対応したベビーカーであり、チャイルドシートになります。

ドゥーナは世界50カ国以上で販売されています。

確かにフラットにならないですし、リクライニングもありません。

でも、産まれたての小さい赤ちゃんを安心させ、そして安全に移動できるモビリティです。

https://youtu.be/Ou69CjHs6D8

「人生の最初の1000日間」という言葉をご存じでしょうか?

WHOとユニセフが共同で掲載した論文で、その重要性が取り上げられました。

つまりお母さんの胎内にいる時から、2歳の誕生日までの「人生最初の1000日」が、その後の発育に大きく影響し、引いては脳や神経の発達に影響が生じるため、将来的に教育 さらには、所得にまで影響を及ぼすと言われています。

ドゥーナは決して長く使えるものではありませんが、

最初の1000日をこれ一台でマルチに使えるものです。

新生児の赤ちゃんのCカーブをサポートして、より自然な寝姿勢を保ち、ママも赤ちゃんも快適に過ごしてください。

 

 

 

 

 

 

 

doona

doona

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です