並行輸入品にご注意ください

Information 1月 20, 2020 No Comments

こんにちは、doona Japanのayanoです。
実は年明けから、ちょっと戦っておりまして・・・
何と?

並行輸入品

皆様は、海外商品に日本正規品と並行輸入品があるの、ご存じでしょうか?

いまゆるブランドが正規に契約書を交わし、その国で自分のブランドの認知や販売を委託する代理店契約を交わした、正規ルートでに輸入販売と

個人や法人が販売目的で別の国から輸入をして、販売するものを並行輸入品といいます。

並行輸入自体は、輸入元の国では正規品なので、コピー品ではありません。
ただ、輸入元の国では、なので、日本の法律には合致していない場合もあります。

商品の仕様も日本仕様にはなっていないことが多いので、正規品でないものは商品保障の対象外です。
ただ、並行輸入をすること自体が、違法行為ではないので、現在の日本では並行輸入品がネット上にたくさんあふれています。

正規代理店が、並行輸入品が市場にあふれることを嫌がるのは、消費者の混乱です。
消費者のすべてが、並行輸入品のリスクを理解して購入していらっしゃればいいですが、多くの方は
<並行輸入品>とはなんぞや?
というところからのスタートになります。

2年くらい前に、某有名ブランドの抱っこ紐で赤ちゃんが落下する大きな事故がありましたが、その際は平行輸入品でしたので、正規ブランドとしては保証の対象外でした。
ただ、巷にあまりにも並行輸入品があふれてしまっていたので、そのブランドはそれ以降正規販売店のみのロゴを店舗各自に与えるようになりました。

では、なぜリスクのある並行輸入品が市場に参入するのか?
それは、日本と海外の価格差です。
海外から直接仕入れしているため、定価の1-2割程度 安く販売できます。
しかし、並行輸入とは輸入元のものをそのまま転売しているだけなので、取扱説明書や輸入時の検査、部材が破損していた場合のカスタマーサポートなどのコストを含んでおりません。

ドゥーナを販売する際、本国と話しをして並行輸入品が発生しないように、できる限り海外との価格差を少なくしたい、と希望して社内で限界までグローバルプライスに近づけました。

ただ、ドゥーナユーザーはネットリテラシーが高く、検索でドゥーナ(doona)を引いてくれるため、検索率アップにも使われてしまうという状況もあります。

とはいえ、私たちが困っていたのは、まるで正規品のように商品ページを作り、並行輸入品であることを隠してAmazon内に出品している人たちです。何度かお客様に不利益になる情報を含まず、並行輸入品である事を、記載してあげてください、と、何度かやり取りをしておりました。

お客様の中には、自分が並行輸入品を購入しているなどとは、気が付かず、マーケットプレイスの出店者から購入してしまっている人がいるのかもしれません。

ただ、正規品ではないので、弊社としては手が出せない状況になっていました。

皆様もネットで購入する際には、一度その会社が、弊社と取引があるのか、公式サイトの販売店一覧でみていただけると助かります。

怪しい場合は、弊社の直営店での購入をお勧めします。

doona

doona

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください